当たり前の光景

私たち人間は、やはり人と人との間、その和の中で生きていき、様々な喜怒哀楽の感情をその心に思い描いてきたからこそ、人間足り得る生き物であるのだろう。人は一人では生きてはいけない。歳を重ね、頭が地面から離れ、そしてまた近づきつつあるほどになって、そのときになってようやくこの意味が分かってくる。人は孤独には勝てない。だからこそ、人は人間になりたがるのだと思う。

誰かが死んだ。この事実一つに対し、それでも私たちの心には大きな変動が生じてしまう。心が揺らぎ、ブレてしまう。もとの在り方が分からぬほどに。その均衡を取り戻そうとする過程として、やはり葬式というものは重要だ。葬式を執り行うことで何とか人はその心を正常に直そうと努め、事実を受け止めることに励むというものだ。

私たちの生活には、様々なものが当たり前のようにして根付き、ひっそりと日常の光景の一部として、その中に生きる私たちに寄り添おうとしている。

しかし、その当たり前の光景というものは、よくよく考えてみれば、普段私たちが思っている以上の意味を内包している場合が、往々にしてあるものだ。葬式などが、その良い例だと思う。葬式について考えよう。葬式を知って、人を、人間を知ろう。






What's New

2013/03/08
新着記事2を更新。
2012/11/29
新着記事を更新。
2012/07/18
人間的にを更新。
2012/07/18
流動を更新。
2012/07/18
重いを更新。
2012/07/18
生者の為にを更新。
2012/07/18
葬式というものを考えてみようを更新。
2012/07/18
ホームページリニューアル

Recommend Entry

故人の意見

逆に考えて下さい、もし自分だったら残された家族にどういった葬式をあげて欲しいのか、無理して派手にして欲しいのか、地味でも気持ちのこもったモノが良いのかですよ。

早く安い

葬式はお金がかかるものですから、最近では早さ・安さを重視した、手間の少ない式が好まれるようになって来ました。しかし、手間が減った分、儀式としての重要性は下がってしまうかも知れません。

RECOMMEND SITE

Site Title

お葬式10万円から更に5%割引

大阪府内での葬儀のことなら
Site Title

葬儀 きれいな花祭壇 大阪

綺麗なお葬式を執り行うなら
Site Title

総額17.8万円全国対応の葬式

小さなお葬式、今全国で求められていまaす